2014年5月

長丁場になった町内会議

長丁場になった町内会議

(公開: 2014年5月25日 (日))

今年2度めの町内会儀がありました。

 

1回目の静かな会議とはうって変わって激しい口論になりました。

町内の会計について、厳しい指摘をするTさんと町内会長さんの論戦で会議はヒートアップ。

函館 藤岡眼科 評判はこちら

印刷物に年間35000円は使いすぎだ、古希の祝いを無くすべきだなどのTさんの指摘に、町内会長は声を荒らげて反論していました。

正直、最初はTさんうるさいなと思っていましたが、LED電灯の積立金や古紙回収などにより町内会に纏まったお金が集まるようになっているので、こういう細かい指摘をする人が必要なのかもしれないと感じました。

町内会議で意見する人が殆どいないということもありますし、町内運営については素人の集まりなので解らないことだらけです。

 

しかし、Tさんがいることにより、会議は長丁場になりましたが、踏み込んだ議論ができていたと思います。町内会長だけに任せていたら、恐らくは町内会長だけが喋って会議が終わっていたと思います。

 

他の皆さんは迷惑そうでしたが、個人的には頼もしく感じました。