2014年11月

予言と豪雨

予言と豪雨

(公開: 2014年11月15日 (土))

「あなたは溺れるはずのないようなところで溺れて死ぬ。」年老いた占い師は私にそう告げました。「いつ、どこで?」「そのうちわかるよ、運命からは逃れられないから。」占い師はこういうと、遠くの部屋に去って行きました。 私は途方に暮れて、「さようなら」と言いました。変なおばあさん、気が狂っているのかもしれません。だいたい私は泳ぐことができないし、水の中に入ることもないのです。私は扉を閉めながらぶつぶつ文句を言いました。外に出ると、豪雨が地を打っていました。タクシーを呼び止めましたが、私に泥水をかけただけで行ってしましました。私は服についた泥を払い落しました。その時急に、鋭い痛みが心臓を突き刺しました。雨が私のうなじを激しく打ち、自分の足で立ってはいられなくなりました。それで、顔から水たまりに突っ込んで倒れました。雨が私を捉え、起き上がることができません。「助けて...」音も出すことができず、私は心の中で叫びました。キャッシングならスピードサーチ